スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
見えない物へ
this is (not) magazineていう本。

名古屋という地から、一音楽リスナーとして、
また編集者でありながらイベンターの役割も果たしていたりする武部君の視点から

音楽を切り取ってそれについて掲載しているから、読んでいて面白かったです。

今回、この冊子にいくつかのバンドの楽曲がついています。

YOKのtrita tritaも収録されてます。

おまけでついていたのは、CD・・・ではなくて、

なんと音楽のダウンロードサイトへのカード。とそこに書かれたのはキー番号。

ハイテク!

音楽はこういうスタイルへと変わっていくのかな。

もともと目に見えない音楽は、これからつながりたいものとつながるようになる・・・

ってとらえるようになれれば面白い。


しかし、あえてイメージを目に見えるものとつなげるとすると、このアルバムのジャケットは

this is (not) magazineてことになりますね。笑



きっとこれからますますいろんなものが目に見えなくなると思う。

でも、意識や、思想とか。

エネルギーを感じることとか、もっと大事にになってくるとも思う。

| yok | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yok123.jugem.jp/trackback/186