無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
じいさん
 私は日中、子供に遊びを教える仕事をしています。

ドッチボールとかの遊びというよりは、

物を造って遊ぶ、というところです。

なので、スタッフには同じ大学や芸大系の子がたくさんいます。

その中にはトリエンナーレでもがんばっていた小栗沙弥子ちゃんもいます。

そんな環境なので児童館でありながら、みんなの作品展示とかも同時に行っていて、

ずいぶんと面白い環境です。

今回の作品展示の企画は館長を務めていたtさんが考えたのだけど、

そのtさんが、今期からいなくなってしまった。

そのtさんは、いまどき珍しくいつも熱く芸術について語る人で、

(尋ねてもいないのに、笑)どんどん熱く深く話をしてくれるのだ。

すごい速さで近づいてきては、聞いてくれる人を見つけては、話して、

またすごい速さで去っていくのだ。

でも、みんなにやにやしながらも、tさんの話を、よく聞いていたと思う。

tさんも、そんな私たちを見ながらも、まぁききなさいよと、

半ばsっ気たっぷりに笑いながら教えてくれた。

その中で、とても印象に残ったのが、ビクトルダミコの思想だった。

粘土で物を作るとしてもキャラクターなどの既存の形から抜けて、

自分のイメージだけで物を作るというもので、

完成の形ではなくて経過を楽しむという考えが、とても聴いていて興味深かったと思う。

あと、大人もそうしたことに夢中になること。子供に干渉しないこと。

いろいろ教えてくれたなぁ・・・。

そして、私たちに場を作る自由や、感じる時も与えてくれていたと思う。

tさんがいると、うるさいんだけど、いないとやっぱりさみしいのだ。

最後にしっかりお礼を言いたかったけど、彼は最後まで止まらなかった。

| yok | - | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2011/06/07 6:24 PM posted by: はじめまして
はじめまして。
myspaceからお邪魔します。
白と黒が好きで何度も聴いております。

子供に遊びを教える仕事、興味深いですね。
保育士さんや作業療法士などでしょうか?
少し興味があるので、詳しくお話しを伺いたいと思いました。
2011/06/21 6:08 PM posted by: yok
初めまして。
こんにちは。

御試聴ありがとうございます。

保育士や作業療法士などではなく、
ただ純粋に、絵の具や、粘土などの素材を提供して遊んでもらう場で働いています。

特に専門的な免許を取得したりそういった立場の中働いているわけではないです。

でも、その中で、思案したり、働く場や時間、人との関わりがとても濃密でした。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yok123.jugem.jp/trackback/195